オーディション写真 コラム

プロフェッショナル編 :

  オーディション写真撮影の経験が豊富で既に芸能界で活躍されている方が、新たな飛躍を求めてフォトスタジオ・ビットに撮影に来られるケースは頻繁にあるのですが、そういった場合に往々にして感じることは、一人の職業人として、純粋にオーディション写真と言うものを受け止め、その制作に当たって、確固たる姿勢を持ってフォトスタジオでの撮影に臨んでおられるかと言う事です。職業には様々なものがあり、すべてそれは従事してきた過程に於いて蓄積された情報を基に、より高い品質を求めて成長していかなければならないものなのですが、自己を売り込むツールであるオーディション写真の撮影中、「目が細い」とか「足が太い」「太って見える」、挙句の果てに通常サイズの画像では判別不可能な髪の毛一本にまで固執するなど、本題とはかけ離れた次元で自分を観察し、フォトスタジオワークの正常な進行を妨げる発言を繰り返す、と言った場合があります。
  オーディション写真は様々な要素で構成されているのですが、その要素はバランスと言う属性に支配されており、それを前提にフォトスタジオ内で自分自身のパーツを分析するのであれば、当然それは積極性として評価できるのですが、それを置き去りにして私的な感情で発言してはいけません。女性が美しくありたいと常日ごろ切望しておられることに関してなんら批判はないのですが、こういったフォトスタジオ内でのオーディション写真撮影に於いては、公私を混同した状態で臨んでしまうと、良い結果を生むことは出来ないのです。芸能活動をするにあたって、当然持たなければならないプロ意識が初歩的な段階で混乱し、職業人としての資格を自ら放棄しているのは、芸能業界に於ける一部に存在するある種の特徴と言えるのではないでしょうか。
  あらゆる職業に言えることなのですが、与えられた仕事を全うするには、目的を明確に認識した上で、その目的に到達するための方法を考え、具体的な提案をもって遂行しなければならない訳ですから、女性である前に人間としての品格が求められ、その上に成り立つ物である以上、その願望は別の次元として捉えるべきもので、オーディション写真撮影に必要なものではありません。この当然のことが判断できないのは社会人として嘆かわしいことと感じます。
  芸能活動をしている方は、自分自身の職業を特別なものとして捉えず、社会の中で健全に存在する当然の職業として当たり前の意識を持つべきではないか・・・・それがビットの常日頃感じる事柄の一つです。

HOME  オーディション写真 ページへ  コラム・インデックス デビュー編 プロフェッショナル編