オーディション写真 ad12

被写体となる方が、数多くの撮られる経験を持ち、多くのカメラマンと接した上で学習した内容をそのまま反映させると、新鮮な作品を生むに当たって障害となる場合があります。無論、撮られる経験が豊富であれば有るほど、それが多彩な作品を生むことも多いのですが、逆にそれがマイナスに働いて、既成のありきたりの枠にはまってしまい、個性を発揮出来ないケースも往々にしてあります。フォトスタジオでの撮影と言うものは、学習の過程を意味するものであり進化を前提とするものである以上、成績結果を発表するものではないという言い方が出来るかもしれません。下記に掲載しますオーディション写真は、少ない経験にも関わらず生まれ持っている資質が放つナチュラルビューティーな輝きと共に華麗な動きを披露してくれて、フォトスタジオ・ビットのお気に入りのワン ショットとなっています。

display one's originality

HOME  一覧ページへ