オーディション写真 ad3

人物を撮影するに当たって、被写体に笑顔を求めるケースは大変一般的なのですが、その理由は、それをを画像として収めることによって、それを見る人により豊富な情報を伝えることが出来るからです。それは、顔立ちや顔の輪郭といった表面的で基本的な部分以外に、心理にまつわる動きやその人の存在感等といった、自然に生まれるハイレベルな情報がさらに盛り込まれ、より精度の高い映像として提供できるからです。この収め方を軽視して、スタジオワークフローを展開するカメラマンが非常に多いとビットは感じます。笑顔は特別意識して作るものではなく、被写体となる方の心理が自然に反映した結果であり、それはその人自身の真実であるべきと考えます。そしてそういった心理に導くことも、ポートレート画像を作成する上で大変重要なファクターと言えるのではないでしょうか。下記のオーディション写真例はその一例として掲載したものですが、スマイルフェイスの表現が、フォトグラフに従事する者にとって非常に重要なファクターであると感じさせてくれたものと言えるでしょう。

a person who makes his presence felt

HOME  一覧ページへ