オーディション写真 ad32

オーディション写真に最も必要な要素は、ゆとりを持って表現する事であり、それはポージングや表情に表される、その人の雰囲気として反映します。例えば、笑顔は真っ先に審査の対象になる項目ですが、見る側が精一杯の表現と感じてしまえば、あまり高評価を得ることは不可能です。逆に余力を充分に残した笑顔は、自信の表れでもあり、最も自然な実力を感じる条件でもあります。下記に掲載の方は、素直で強い意志の下に自分のイメージする方向性を無理なくアピールすることが出来、審査する側の気持ちに嫌味なく、すんなり入って来る才能を感じます。その人の持つ実力は、そこにゆとりがあって初めて自然にアピール出来るもので、如何に意志が強くても、一方的に積極性を持って突き進んでいる内は、人の心を動かすことは出来ません。女優やタレント、モデルと如何なるジャンルに於いても、自己主張するだけでは何の武器にもならないと言えるのです。

HOME  一覧ページへ