オーディション写真 ad7

活発な動きと自然で明るく、素直な笑顔を納めるというケースは非常に一般的で、最も審査する側に好印象を与える有利な撮影方法と言えるでしょう。しかし一般のフォトスタジオでは、この笑顔を自然な形でに収めると言うことが大変困難なようで、オーディション写真に於いても心の底から微笑んでいるものが非常に少ないとビットは感じます。撮られる際、笑顔は意識して作るものではなく、ましてやカメラマンが唐突に要求するものでもありません。それは、被写体となる人の心理が自然に反映した結果であり、その心理は、その人の存在の全てであるべきとビットは考えます。そして、そういった心理に導き、本当のその人らしい魅力を引き出す事こそが、ポートレートの映像作成業務の大半を占めると言え、その他の要素は付加的な物であると言っても過言ではないと言えるでしょう。

She is a very obedient girl

HOME  一覧ページへ