カメラ位置

被写体にとって撮影とは、カメラに向かって写る行為です。カメラ位置、すなわちカメラアングルは被写体から意識されることは少ないかも知れません。しかしカメラ位置によって被写体の見え方は変わるわけですからとても重要です。今回のテーマは特に、モデルを目指す方に心得て頂きたいと思います。例として人物の全身を撮影する場合、カメラ位置を被写体上方にすれば頭から足先に向かってすぼむようになり、スタイルの表現より表情の表現が目立つようになります。反対に下方から写すと足先から頭にかけてすぼむようになり、脚は長く小顔に見えることもあります。このように、カメラ位置によって同じ人物の写真でも、その写真を見る方に与える印象は変わります。

以上のことを踏まえつつ、オーディション写真を撮影する方にとって考えなければならないのは、カメラ位置に対して自分がどこにポジショニングしどの角度を向けるかということです。プロのモデルはカメラの前に立てば、どのようにフレーミングされるか勘が働きます。ゆえに自由にポージングが取れるわけですね。もしもこれらのことが全く分からないとしたら、ポージングの度にフレームアウトを指摘されて上手く撮影が進まないことでしょう。

もちろん撮影の回数を重ねることで、カメラ位置と自分のポジションの関係は分かってくることです。上達するにはオーディションのレッスンのかたわら、カメラがこの辺としたらという仮定のもとにポージングしてみるなど、日々の意識が必要です。ポージングによる様々な表現が出来るようになったとしても、それを上手く写してもらうことが出来なければ、ポーズが下手くそなのと同じです。写真が手軽に撮れる現在ですから、モデルを志す方はぜひとも撮られるトレーニングも行って頂きたいと思います。

HOME  ブログ・インデックス頁へ