歯並びに関して

オーディション写真にとって歯並びは大変重要な評価項目になり、静止画像での表現は特に瞬時に目に付く箇所でもある為、応募する前に検討を重ねる必要があります。女優、ヴォーカル、モデルとどれを取っても歯並びの良さは大前提になるのですが、ダンサーの場合は、それほど気にする必要が無い場合も多いと言えます。プロのダンサーを見ても特に気にしている人は少ないように感じます。しかし、同じダンサーであってもテーマパークでは企業によって、かなり開きがあり歯並びの悪さが原因で書類審査を通過出来ない場合もあり、事前の下調べは必須項目になって来ます。動画では殆ど分りませんが、オーディション写真として笑顔を切り取ると如実に目立ってしまいます。だからと言って歯を見せない表情はテンションが下がるため別の意味でも合格ラインに届かせるのは難しくなります。また、不明な箇所を作ると非情に不利になることも踏まえなければなりません。

HOME  ブログ・インデックス頁へ