子供の服装

小学校四年生くらいまでは体重も身長も個人々にかなり開きがあり、まだ体が出来上がっていな為、華奢な体格の子供の方が多いと感じます。オーディション写真を撮るに当たってプロポーションは重要な項目で、体型の細さは長所として審査される場合の方が多いのですが、子供のスリムさは、ともすれば貧弱なイメージを与える場合があり、その服装の選択には充分に注意を払う必要があります。Tシャツ一枚やレオタードなど、余程の規定がない限り単品でのコーディネートを避け、重ね着を工夫すべきです。例えば色違いのTシャツを重ねたり、足の細さをカバーする為に少し厚手のオーバーソックスをはいたり、腰周りの厚みをカバーする為にパンツの上にスカートをオンするなど、色のバリエーションを考えながら全体のボリュームを調節すると個性豊かなコーディネートが出来るでしょう。その際、気を付ける事は、鮮やかな配色を心がけることです。

HOME  ブログ・インデックス頁へ