コストパフォーマンス

先日久しぶりに夜行バスに乗りまして、とても乗り物と認めたくはない乗り心地に辟易しました。あくまで個人的に。歌謡曲にあるような夜間の移動の郷愁やロマンなど皆無ですね。普段から眠りの浅い私にとっては、隣りの乗客との距離感に圧迫される上に複数回の停車に全く眠れず、もう夜明けがこれほど待ち遠しく思えたことありませんね。今回は時間に余裕があり経費を押さえるため夜行バスを選びましたが、次回から長距離移動の際は可能な限り新幹線を使うことに決めました。何事に因らず、移動も値段なりです。オーディション写真を撮るにしても、コストパフォーマンスはあるのではないでしょうか。こういう書き方ですと同業者に対して物議を醸し出すかもしれませんが、一個人の見解としてコスパに対する価値観を持っていると言うだけですので、苦情は差し控えて頂きますようお願い申し上げます。
撮影スタジオもここ数年来のデジタル技術の発達で数も増え、試しにオーディション写真と検索してみると引っ切り無しにヒットします。どこで撮影するか選ぶだけでも大変ですね。場所が違えばもちろん仕上がりも変わるし、料金だってお店ごとに幅があります。みなさんがオーディション写真を撮影するスタジオを選ぶ際に重視するポイントは様々だと思われますが、値段を例にとるとコストパフォーマンスは無視出来ないですよね。洋服みたいに試着して決められる訳でもないし、1回撮ってみないと気に入るかどうか分からない。しかし決して安い金額でもないので、選ぶ際は慎重になると思います。あまり考え詰めると単純に値段なりのオーディション写真かと思ってしまい、高ければ良い所と判断するか安ければ良くない所と見てしまうかという安直な選び方に陥ってしまいがちです。もちろん当たらずとも遠からずと言えますが当事者からのアドバイスとして、一発勝負のオーディション写真を撮影するのですから信頼出来るスタジオであるということが、最もコストパフォーマンスが良いと言えるのではないでしょうか。
この話は最終的に同業者よりも、自身の方を追い込んでしまいましたね(笑)

HOME  ブログ・インデックス頁へ