見た目

見た目で中身を判断されてしまうということは、自身に対しても相手に対しても、誰でも経験があることと思います。特に初対面の第一印象は写真であれ、後々まで強く残るものです。オーディションにおけるオーディション写真や、履歴書の証明写真などは正に好例でしょう。みなさんここぞの勝負どころではもちろん意識して、ばっちりとキメて挑むのは当たり前にクリアしているはずですが、視点を変えてもうちょっと見た目改革に踏み込んでみましょう。オーディション本番直前に慌てて自分を作るよりも普段から、なりたい自分像を明確に思い描き、実際の自分との差を埋めて行くように努める必要があります。ストイックな言い方ではありますが、要するになりたい自分に近づいて行くことで自然と自信につながり、周囲からも認められるようになり、さらに理想に近づくという好循環を作ってしまうということです。

HOME  ブログ・インデックス頁へ