フォトスタジオに来て何を撮るのか

タレント、モデル、声優、劇団と様々なオーディションがあることと思います。みなさんが受けようとするオーディションに対して、どれほどの研究をしておられるでしょうか?例えばそのサイトを暗唱出来るくらい読み返すとか、経験者の話を聞くとか、色々手段はあるでしょう。もしかしたらオーディション写真についてもここのスタジオがいいとか、あそこのスタジオの方がいいとかあるかも知れませんね。げんを担ぐ意味でも。

実際のところ審査員の方にしか明確な合否の基準はわかりません。そこをいかに探ろうとも答えははっきりとしないでしょう。そういう場合はとにもかくにも、今の自分の全力を出し切る以外にないと思います。それは普段のレッスンからオーディション写真の撮影から、実際のオーディションが終わるまでの間です。どれほど実力が備わっていたとしても写真撮影の際に緊張しすぎて、思うような写真に仕上がらないと不安も残るでしょうし、気に入った写真でなければ二次試験のパフォーマンスにも影響しかねません。

フォトスタジオに来て何を撮るのか、それは素直な自分を撮影すればいいです。素直と言うのは適度にリラックスして普段の練習の積み重ね、人間性が空気に乗っかるような状態のことです。言葉にすると曖昧になってしまいすいません。つまり肩の力を抜いて未来の自分の成功を信じて、そのような気持ちでカメラレンズに笑顔を向けられたなら、きっといい写真に仕上がると私は信じています。

HOME  ブログ・インデックス頁へ