タレントになりたいのか

オーディション写真の撮影に来る方の中には、タレント志望の方も多くおられます。タレント事務所のオーディション用に撮影という動機が多いです。タレントと一口に言っても、例えば映画の俳優さんに憧れたり、ドラマの女優さんの演技に心を打たれたり、人気のアイドルグループに触発されたりなど、アウトプットの方向性は様々です。現在のように多種多様な職業がある時代においても、テレビの中の世界、タレントになりたいという需要は少なくないようです。

テレビの全盛時代はそれこそ、タレントはイコールでスターと呼ばれたかも知れません。今でもそういう見方が全て変わったとは思いません。AKBに代表されるような身近なアイドル、YouTubeやニコ生での素人動画の発展に見られるような、つまりタレントに限らず、誰しもが有名になるチャンスが増えてきたのが現在だと思います。テレビに出る、タレントになるという入り口は一つではなく、別の切り口もあり得るのです。

それは地方に在住していてもチャンスがあるとも言え変えられます。一昔前はどんな仕事もいざ東京というのがありました。大きな山を当てるには東京で勝負しなきゃ、という考え方です。未だにそういう考え方はありますが、ネットを使えばリアルタイムで全世界配信も可能です。もはや東京だろうと沖縄だろうと、発信するという点においての地理的格差はあまり感じられません。

オーディションの募集においても、最近ではウェブ応募というものが増えてきました。写真もプロフィールもサイトから送れるので、手書きの書類が省けることになります。オーディション写真もスマホで撮れなくもないです。応募が簡単になりました。

便利になるにつれて、遠いように感じられた世界が手の届きそうなところに見えてきました。今までは狭かった入り口は、他にもルートが開拓されてきました。さっぱりわからなかったことも、すぐに情報を手に入れられるようになりました。タレントになるチャンスは確かに増えてきたと言えます。しかしチャンスが増えるということは、当然ライバルも増えるということです。その点をお忘れなく。


HOME  ブログ・インデックス頁へ