オーディション写真の撮り方のコツ

オーディション写真の撮り方のコツについて、まずはフォトスタジオでの撮影時のポージングの基本となる立ち方についてです。当たり前と思われるでしょうが真っ直ぐ立つこと、これが大事です。真っ直ぐにと言っても直立不動の姿勢ということではありません。ポージングを取ったまま脚から頭の先までふにゃふにゃと曲がることなく、一本の棒が背中に入っているがごとくピシッと立つということです。不慣れなポーズを取ると案外ふらつくことと思います。身体のバランスを上手に取れれば簡単かもしれませんが、オーディション写真の撮影という緊張もあり、しかも普段経験したことのないフォトスタジオでの環境の中では、意外と難しいと感じられるでしょう。
しかし、そこにはフォトスタジオが力を貸します。カメラマンはファインダーを覗いて被写体であるあなたが、ポーズを取ってちゃんと立っているかを細かく調整していきます。もう少し脚を前に、とか首をちょっとだけ左に傾けて、あるいは回してなどと一カ所ずつ直るようその場でお伝えして行きます。個人個人に普段の姿勢の癖もあり、すっと立てる方も居ればそうでない人だっていますが、上手くバランスを取ってしっかりと立つ意識とカメラマンのアドバイスに従えば、姿勢のいいオーディション写真が撮影出来ますよ。

HOME  ブログ・インデックス頁へ