プロフィール写真 hi81

プロフィール写真は被写体となる方を表現するに当たって、その方に相応しいと思われる瞬間を切り取ったものが理想とも言えるのですが、カメラを前にして、ただただ表面的な笑みを浮かべているだけでは、プロフィール写真として優秀なものとは言えません。被写体となる方を観察し、適切な判断によって技術的な調整を加えた後、その人から出る表情が一体となって、それを見た人に実際に会わなくてもその人の人柄がストレートに伝わってくる様なものが、理想と言えるのではないでしょうか。但し、被写体となる方のキャラクターを前面に押し出しすぎると、自己を売り込むためのツールとしてインパクトの有る物となったとしても、イメージが固定化されすぎて、活用範囲を狭める結果を生むこともあります。そういう意味に於いて、下記に掲載しました撮影例は、活用する上での汎用性を充分考慮に入れた、プロフィール写真と言えるのではないでしょうか。

she straightened her back

フォトスタジオ ビットの HOMEへ  一覧ページへ