オーディション写真 hs87

オーディション写真に限らず、あらゆるポートレートフォトを撮影するに当たっての作業の内容は、撮影と言う作業領域に於けるカメラマンと被写体となる方とのコミュニケーションの結果が、作品にどのように反映するかが全てと言っても良いのかも知れません。撮影と言うものは、被写体となる方に合わせて、様々なテクニックを縦横に駆使する事によって画像として仕上げる作業と言えるのですが、オーディション写真の撮影は、むしろそう言ったファクターは二の次で、フォトグラファーがその人の魅力を最大限に見出し、発見したイメージを、被写となる方がいかに正確に受け止めてもらえるかが最重要課題です。下記に掲載しました撮影例は、カメラマンが求めるイメージを真っ直ぐに受け止め、正確に自分自身を表現できたお手本的なオーディション写真と言えるのではないでしょうか。 彼女の人柄の良さが伺える作品となったことは、良い被写体と巡り逢えたことであり、その出会いに感謝するばかりです。

grapple with a problem actively

フォトスタジオ ビットの HOMEへ  一覧ページへ