オーディション写真 iq19

オーディション写真と一口に言っても、どのようなものに応募するかによってその種類は様々ですが、プリントに映し出された応募する人の情報が満載されたものが理想であり、審査員がそれを見て、審査の対象として十分に値するものと直感できるものでなければなりません。そこで初めて審査が始まると言えるのです。その前の段階で振り落とされるものと言うのは、例えば肌の状態(質や色)が分かりにくかったり、その人独自のプロポーションから湧き出る特有の動きが無い等、全体を構成する要素が上手く表現出来ていない不明瞭なものと言えるのではないでしょうか。そういったオーディション写真は、審査時間の短縮に支障をきたすため、振り落とす結果を生む大きな要素となってしまいます。下記掲載の撮影例は正に前述しました逆のケースで、全てがパーフェクトに纏め上げられたお手本的なオーディション写真と言えるでしょう。

raise one's consciousness

フォトスタジオ ビットの HOMEへ  一覧ページへ