宣材写真 mg35

宣材写真として非常にインパクトの有る下記イメージフォトですが、オーディションやプロフィール撮影は、カメラマンやスタイリストのリードによって遂行されることが多いのですが、この宣材写真の被写体となった高木未来さんは、プロフェッショナルとして活躍されているモデルさんであったため、特にリードすることもなく撮影を進行することが出来ました。このように撮られる側と撮る側を分業作業とすることで、カメラマンはライティングやフレーミング等、技術的な部分に集中出来、ヘアメイク、スタイリスト等は、夫々のポジションに応じた作業に集中できます。受け持つポジションがクリアーな分、それぞれの作業内容は充実し、その結果ハイクオリティーな撮影結果を生む事になります。下記掲載の撮影例は前述した理想的な状態で挑んだため、深みのある味わい深い作品となったのではないでしょうか。モデルとなった方の実力による勝利と考えられます。

create an atmosphere

フォトスタジオ ビットの HOMEへ  一覧ページへ