オーディション写真 nm23

オーディション写真を撮影する場合、書類審査の際に有利なように、被写体となる方のセールスポイントをアピール性の高いものとするため、表現の手段を様々な角度から考えて遂行するのが一般的です。しかし進行中、視点を変え、新たな発想でスタートする場合があり、下記に掲載のオーディション写真がその一例です。被写体となった郭夢さんのひたすら素直な性格を表現するに当たって、撮影上のテクニックを安易な体勢で用いると、小手先の技術としてでしか反映できないのではないかと考え、全ての顔の表情作りや、ポージングの指導を敢えて打ち切って撮影することにしました。その結果、気負いの無い、大変素直で自然なポートレート・フォトとして仕上がりました。 この種のカジュアルなイメージを持たせた撮影は、時には被写体となる方に自由を与えるだけの方法で、良い結果を生むことがあります。

she is not at all conceited or affected

フォトスタジオ ビットの HOMEへ  一覧ページへ