オーディション写真 rh68

オーディション写真を提出するに当たって必要となるものは、全身と上半身の写った標準サイズ L判size(89ミリ×127ミリ)又は稀に2L判size(127ミリ×178ミリ)の2枚のプリントなのですが、その2枚の画像に審査員に伝えたい出来る限りの情報を盛り込むことが必要となります。その情報とは、等身のバランスであったり、肌の色や質感であったり、応募する人の持つ雰囲気であったり様々なのですが、その全てを盛り込むために、下記に掲載しましたオーディション写真の全身撮影の場合、体の重心をどこに置き、それに沿った姿勢を考え、その基本的なことを元に表現の領域を広げ、豊かな情報を盛り込むと言う順序で撮影しました。この順序を踏まえずに撮影に挑むと、審査用のツールとして機能しなくなるとこともあります。そう言った意味で下記に掲載しましたものは、忠実に基本をわきまえたお手本的な全身ポーズのオーディション写真と言うことが出来ます。

a woman rich in experience

フォトスタジオ ビットの HOMEへ  一覧ページへ