オーディション写真 sn72

オーディション写真の撮影において、好感のもてる笑顔を収めると言うことは大変ポピュラーなケースですが、この笑顔への導き方を軽視して、撮影に臨むフォトスタジオが大変多いとビットは感じます。オーディション写真の撮影をする際、被写体に向かってカメラマンが「笑って!」等と言って笑顔を強要するのはいわば唐突な行為であり、そのように言われる立場に立ってみれば、可笑しくもないのに突然笑えるはずもありません。スマイル フェイスは、撮影中の和やかな雰囲気の中からごく自然にこぼれるものでなければなりません。そういう状態を作ることも、撮影におけるフォトスタジオの業務の一貫ではないでしょうか。笑顔は口角を上げて歯を見せることによって、好感の持てる、明るくフレッシュな印象を与えることが出来るのですが、その際、目の表情とのバランスが非常に重要です。あくまで目の表情がメインであり、口の表情はその引き立て役に過ぎません。オーディション写真に於けるスマイル フェイスの作り方には、そういった意味でたいへん奥深いものがあります。

she is a mild-mannered person

フォトスタジオ ビットの HOMEへ  一覧ページへ