宣材写真 yq49

下記に掲載しました優美なイメージの宣材写真ですが、一般の方を撮影の対象とした場合、カメラマンのリードによって遂行されることが殆どと言えます。しかし、この撮影の場合、モデルはプロフェッショナルとして活躍中の方であったため、特にリードすることもなく撮影する側は技術的な調整、モデルは自分自身のポージングや表情のコントロール、ヘアメイクはそれに応じたメイキングと、役割分担が明確になり、それによって夫々の仕事の充実度が増し、より高い次元での宣材写真撮影となりました。その結果、作品を構成するあらゆるファクターの密度が増し、より高品質な作品となって反映させることが出来るのです。下記に掲載の宣材写真はその典型的な一例と言えるでしょう。 モデルとなった方の練られた演技の誘導にコラボレーションが上手く機能し、撮影結果に反映した作品となりました。

be self-possessed

フォトスタジオ ビットの HOMEへ  一覧ページへ