プロフィール写真 pf8

プロフィール写真撮影の場合、被写体となる方が特定の分野に於いてプロフェッショナルとして活躍されている方が多いため、ビジュアル面に於いても独自のイメージを抱いておられ、そのイメージを重視しすぎるあまりに、表情が不自然になったり、硬くなったりしがちです。しかし、下記に掲載しましたプロフィール写真は、jポップのミュージシャンのビジュアルを重視したイメージ撮影の依頼と言う事で、撮影時間が長時間に及んだと言うこともあって、被写体となる方の希望をかなえるため、試行錯誤を繰り返して行く内に、スタッフとの間に自然な仲間意識が芽生え、あたかも、プライベートな時間を過ごしているような、理想的な撮影環境となりました。それが功を奏して、自然で明るく、ポップなイメージのプロフィール写真とすることが出来ました。あらゆるポートレートでの撮影環境というものは、撮られる側と撮る側との垣根を越えたコラボレーションが時には必要となり、それが上手く反映した作品例と言えるでしょう。

She showed that she was relieved

フォトスタジオ ビットの HOMEへ  一覧ページへ