プロフィール写真 pf14

プロフィール写真での撮影時に興味深い曲面に遭遇する事があります。それは被写体があるイメージを抱きそれに近づく為、自分なりの解釈をしてカメラの前に臨むのですが、それに応えることなく、カメラマンは自身の主張を作品の中に盛り込もうとする作業を一方的な体勢によって遂行することで発生する状況です。この状態は明らかにミスコミュニケーションであり、両者の求めるイメージに食い違いがある以上、本来良い結果を生む可能性は非常に低いと思いがちなのですが、このミスマッチなコラボレーションこそがフォトスタジオでのワークフローに於いて新しい瞬間を生み、新鮮な作品に繋がる重要な要素として軽視できない概念があることを忘れてはなりません。下記に掲載のプロフィール写真は正にその代表的な例で、アボイドな両者間の隙間に生まれたユーモラスな作品の象徴と捉える事が出来、再現性のない逸品と言える物なのではないでしょうか。この様に考えるとフォトスタジオでのポートレート撮影は実にドラマティックで波乱含みの不可解な営みと言えるかもしれません。

フォトスタジオ ビットの HOMEへ  一覧ページへ