宣材写真

宣材写真はモデル、タレントにとって収入の高低を決定する重要なツールです。ライバルに負けないブック製作やクライアントへのプレゼンテーションは、数多くのファッション雑誌などのコマーシャルフォトを手がけ、豊富な経験と実績を持つフォトスタジオ・ビットに全てお任せください。

下記掲載のサムネールをクリックすると拡大画像頁に移動します。

 

宣材写真料金

  • お手軽コース ¥10,000
    撮影約40カット , フォトプリントL版6枚 , CD-R
  • スタンダードコース ¥15,000
    撮影約60カット, フォトプリントL版6枚 ,CD-R , 衣装1回チェンジ可
  • イメージ撮影 ¥25,000~
    撮影40〜100カット. フォトプリントL版6枚 , CD-R

★お急ぎの方にも最適!!
上記、全ての商品(CD-R、L版プリント)は、その場でお持ち帰り頂けます。

※上記料金は全て税抜き価格です。

※その他のオプションメニュー多数ご用意致しております。詳しくは価格、地図のページをご覧ください。

誰にも負けない宣材写真

 

  宣材写真とオーディション写真の基本的な違いは、プロのディレクターにとって、その人が将来的に見てどれだけの可能性を秘めているのかを判断するためのツールが、オーディション写真であり、オーディションに受かった後、プロのタレントやモデルとして具体的な活用方法を含めてクライアントにアピールするためのツールが、宣材写真といえます。
  芸能活動を目指す初めの段階では、こんなタレントになりたいとか、こんな雑誌のモデルになりたい等のあこがれを抱き、それを目指す程度のレベルでいいのですが、プロのタレントやモデルになった時点ではこのようなあこがれは通用しません。宣材写真を撮影するに当たって、まず問題となるのが被写体が、どの程度のプロ意識を持っているのか、例えばポージングが上手いことや、顔の表情作りが一定の水準に達している等の表面的なことではなく、自分が商品としてどういったファクターを持ち、どういった具体的な表現でアピールすることが出来るか、等といった種類のことです。
  例えば、長身で足長スリムボディーを持っているファッションモデルがいたとします。しかし、ダイエットに精を出し、エステに通いつめ、体型維持にのみ全精力を傾けても、商品として機能させるためには、それだけでは通用しません。笑顔の時に覗く奥の銀歯は、スタイル以前の問題で、宣材写真全体としては全く機能しません。これは、ちょっと太めの女の子が、「痩せたい、痩せたい」と願っているにも関わらず、前歯が抜けているのにそれを気にしていないのと同じ種類のものです。
  とかくビットに出入りして下さるタレントさんや、ファッションモデルさんは、若い女性が多く、宣材写真として全体を理解し、それに必要なファクターを冷静に分析し、自分自身になにが出来るか、その具体的な再現の方法を考える能力が、経験不足と若さゆえに欠如しているケースが多いように思われます。例えば、「私は、このモデルのように宣材写真を撮るのが最も似合っているように思います。」と言われて、一冊のファッション雑誌を見せられるのですが、見た瞬間に思うことは、それはその人にとって、下から2番目位に不向きなものだったりするのです。自分の最もアピールできる長所というものを、最初から分かっている人は皆無に近いと実感できます。
  ビットスタジオではタレント、ファッション雑誌でのコマーシャルフォトを長年に渡って経験と実績を積み、膨大な情報の蓄積により、宣材写真撮影の強力なアドバイザーとして力になれると自負しています。ライバルに負けないタレント、ファッションモデルのブック製作は言うまでも無く、正に収入の高低を決定する重要なツールです。親身になって相談にのるディレクターやカメラマン、ヘアメイクアーティストのコラボレーション無しにはありえません。宣材写真でお悩みの方は、ブック製作哲学の専門家集団と言っても過言でない、ビットスタジオに全てお任せください。

宣材写真etc

宣材写真を撮りに来られる方と接するに当たって、考えさせられたことや学んだこと等を中心に、宣材フォトスタジオのスタッフとして素直な形で綴ってみました。

宣材フォト(土居望さん)se9
一般に芸能活動での分野で、所属事務所等がクライアントに向けて自社の抱えるタレント等のプロモーション用としてのフォトグラフが、、、

宣材フォト(玉野冬実さん)se10
宣材写真に限らずポートレート撮影に対するフォトスタジオの見解は無限にあるのですが、カメラマンはそういった事に動じることなく大胆不敵にシャッターをきり、その結果生まれたものがカメラマンとして発展を生むものであれば、、、、

宣材フォト(玉野冬実さん)se11
宣材写真を撮影するに当たってフォトスタジオとして最も重要な点は、被写体と写真を撮る側との間に於いて、一定の法則に基づく安定した基準を設けるのではなく、宣材写真として、、、、

HOMEへ