宣材写真 se1

宣材写真撮影の場合、その使用目的が多用途で、用途に即したものとするために、撮影機材の選択や配置状態の検討、ヘアメイクに関する準備などには相当な時間をかける場合があります。下記に掲載しました作品は、その代表的な例で、被写体である土井望さんの後方からイエローライトの逆光を向けた状態で、シルエットとなった被写体の飛び切りの笑顔が、非常に印象的な状態になるように工夫した宣材写真です。このような撮影は、準備を終えた段階で、既に殆どの作業は終わっていると言え、その後の本番に於いて、モデルが計画どうりの表情を作ってくれることによって、始めて実現可能となるのです。従って、こう言ったイメージ重視の撮影は、モデルとなる方の実力が非常に問われると言え、フォトスタジオ内に漂う緊迫した雰囲気からくるプレッシャーを乗り越える能力が必要不可欠となってきます。

bear great pressure

フォトスタジオ ビットの HOMEへ  一覧ページへ