宣材写真 se14

表情には大きく分けて「笑顔」と「すまし顔」がありますが、プロフィール写真に於ける大半が人懐こい、元気、明るい等を象徴するその人らしい笑顔であると言えます。これは内面を表現する上で最も見る側に理解され易く、アピール手段として無難であるからと言えるのではないでしょうか。しかし、下記に掲載のプロフィール写真は、そのハツラツとした要素は全く持っておらず、ともすれば退廃的と捉えられがちな表情も、逆にその奥に秘めた個性ある情熱を想像するようなニュアンスがあります。撮影される側は出来れば演技者として様々な雰囲気を演出し、普段とは違った自分の内面を出そうと奇をてらう傾向があり、チャレンジを試みるのですが、単なる無表情で終わってしまう場合が殆どで、そうなればその先に何の独創性も感じる事はなく一つの表現として纏め上げることは不可能になります。やはり、あくまでその人の持つ個性が、ハイクオリティーな次元に深い感情の波と共に高まった時に実現できる物なのではないでしょうか。

She has a very clear-cut personality

フォトスタジオ ビットの HOMEへ  一覧ページへ