宣材写真 se10

宣材写真に限らずポートレートフォトの表現に対する見解は無限にあるのですが、これらを撮影する側は、そう言う事に動じることなく大胆不敵にシャッターをきり、その結果生まれたものがフォトグラファーとして発展を生むものであれば、その撮影は成功と言えるかもしれません。下記に掲載の作品の表現に対する基本姿勢は、被写体となる方が持つ緊張感とやわらかさのアンバランスをあやつる為、「盗み撮り」ににた撮影方法で一枚の宣材写真としたものです。このような撮影は、成功すればそれに勝るものは無いと言って良い程、興味をそそる撮影結果を生むのですが、現実にはその成功率は低く、撮影の主流からは置き去りにされているのが現状です。しかし、今回そのチャンスを与えてくれた方のイノセントな雰囲気が、そのチャレンジに息吹を与えてくれ、成功を収めた一枚の宣材写真と言えるでしょう。

a person with mild disposition

フォトスタジオ ビットの HOMEへ  一覧ページへ