工業機器

フォトスタジオにとってのライティングとは、消去法を使った合理的システムのようなもので、被写体を肉眼で見たまま模写すると、必ずといってよいほどプロフェッショナル画像として成立しません。目に見えたものの中から見せるべきところを見出し、それを光を使って膨らませるのは当然ですが、逆に見せてはならない所を如何に消すか、そして見せてはならない部分を画像の上に如何に表現するかがフォトスタジオにとって重要なことであり、ライティングの基本的な事柄の一つではないでしょうか。

上記掲載の画像は、ミラー状に磨き上げられたステンレス製の製品で、その磨き上げられたメタルな質感がそのアイテムの性能を表すかのようですが、肉眼で見たまま模写すると、フォトスタジオ内にある様々な設備や映ってはならない不要な物が模様となって被写体表面に現れます。このような場合、全体をディフューザーで囲むようにして、普通なら嫌う映りこみを積極的に活用します。さらに被写体を囲んだディフィューザ内には黒ケント紙やアクリル板など様々な物を配置し、被写体とカメラアングルとの関係の中で、映りこませるに相応しい位置やその角度を丹念に調整し、ミラー状に磨き上げられた滑面体の表現に気を配りました。

HOME     スティルライフ インデックスページへ