フォトスタジオ スティルライフ : 考察編 ・・・形状

フォトスタジオとは一般に発光と受光の関係をコントロールし、立体を平面に置き換え商品として販売するものを撮影する場所を指すのだが、そこで行われる行為はすべて「形状の表現を如何に展開するか」と言うことに尽きるだろう。被写体にはシャープ(Shape)という概念があり、それは明暗(オブジェクトから反射または発光した光量を指す。通常最明を255とし、最暗を0として軸を成し、数値によって表される。)と色相(オブジェクトから反射または発光した色を指す。通常、レッド、オレンジ、グリーンをある基準ポジションとして扱い、有る次元での特殊な分類法によって、位置づけられる。)彩度(色度とも呼ばれ、色の強さや純度を示す。色相に対するグレー混合の程度を表し、その値は 0=グレーから~ 100%=最高彩度の範囲の物となる。)によって成り立っている。形状表現はこの概念のもとに成立し、その調整によってシャープエクスプレッションに於けるクオリティーが決定される。

In three-dimensional shape expression

フォトスタジオ ビットのトップページへ   スティルライフ インデックスページへ

An enlarged image is considered to click a lower photograph.
Continuous autonomous activityOrganization of the activity of the aggregateCoherent universality is foundI analyze a photography agendaConsistency to flow through the rootThe chaos sometimes produces clarity