フォトスタジオ スティルライフ : 考察編 ・・・組織

フォトスタジオに於ける撮影はそこに存在する真実の表現が全てで有り、つまりは「ゼロ×百=一億、一兆」の概念を知る行為が被写体を知る行為であるとも言える。更にそれによって解き明かされたもの全てが「組織」と言う事が出来る。あらゆる被写体は無限有ファクターの集合体であり、一定の目的を達成する為、有る管理の元適切に配分された役割が定められ、継続的な自立的活動が維持される時、その集合体は組織と呼ばれる。集合体の活動を組織化する為には、ある管理に寄与するコアが存在しなければならない。そのコアは一様ではないが、一貫した普遍性が求められる。以上、撮影_フォトスタジオ_被写体=システム哲学に関するイメージテキストとなったが、撮影対象を分析するに当たって、拠り所となる物を考える場合、根底に流れる一貫性を述べた迄である。森羅万象、混沌は時に明確を生み、明確は混沌を作る、フォトスタジオクリエイティブワークフローに於いても例外ではない。『 I finish it by own hand 』

By the form of a complicated organization

フォトスタジオ ビットのトップページへ   スティルライフ インデックスページへ

An enlarged image is considered to click a lower photograph.
It is formed for the cause of multidirectional relationsThink about expression of the opacityI add adjustment of the lightA description of the existence of the transparenceThe strength that light passesA technical reproduction method