フォトスタジオ スティルライフ : 考察編

フォトスタジオに於けるワークフローに関するスキル向上目的の為、カメラマンはプロフェッショナルフォトグラファーとしての自己の存在を賭けて、それに挑むのであるが、その習得方法は一様ではなく、それぞれのフォトグラファー自身の考案によって遂行される。ここではファッションコマーシャルの分野を中心として活躍することを前提とした学習に於いて、その分野の一部である衣料パーツの代表選手であるリボンの表情にスポットを当てた。衣服やアクセサリー小物、更に進んではモデルを起用した商品のpr等、多岐に及ぶ媒体に必要とされる撮影技術のマスターへの一助となればと考え掲載した物で、立体表現の基本をリボンを題材とすることで、具体的且つ集中した学習内容となるのではないかと考えた為である。尚、ここでの掲載画像の撮影は当社(株式会社 フジモト)の所有するbit_studio_no,3でのフォトスタジオスペースに於いて下記記載機材使用の上で実施された。
カメラ、ホースマン(HORSEMAN)LX 45 レンズ、アポ・マクロ・シロナー(APO-MACRO-SIRONAR) 180mm F 5.6 CCD、フェーズワン(PHASE ONE H5)ジェネレーター V-S24 ヘッド、OCTA-30

フォトスタジオ ビットのトップページへ   スティルライフ インデックスページへ

An enlarged image is considered to click a lower photograph.
An expression domain in the photo studio workflowExpression of the luster of the clothThe organization of the photography agendaI divide it into shape and materialClassify it in a regularity and densityBasic ability is necessary