フォトスタジオ スティルライフ : 考察編 ・・・ ドレープ

フォトスタジオを大別するとB to B ( ビー‐ツー‐ビー Business to Business 企業が企業を対象に商取引を行うビジネス形態のことである。)とB to C ( ビー‐ツー‐シー Business to Consumer 企業が一般消費者を対象に商取引を行うビジネス形態)に分れ、前者は一般にコマーシャルフォトスタジオと呼称される。これの取り扱い商品として衣料関係を対象として販売する割合はおよそ33パーセントと言れており、その撮影に於いて生地の表現に於けるノウハウが重要な要素として求められる。ドレープエクスプレッションはその代表的要素として挙げられ、ファッション業界での媒体に求められるフォトパーツを製作する場合、これに始まりこれに終わると言っても過言ではない。これに当たっての表現は被写体に対しての発光質(軟硬両端を軸として調整される光の性質)とその受光角度で決定され、それによってドレープエクスプレッションのクオリティーが位置付けられる。下記掲載の画像はその表現に当たってのフォトスタジオスタディーワークフローで、数十回の光質とライティングアングルのコントロールを繰り返し、最終的に妥当であろうと判断した作品の一例である。

About feel of a material of the cloth

フォトスタジオ ビットのトップページへ   スティルライフ インデックスページへ

An enlarged image is considered to click a lower photograph.
I control relations of the lightCareful expression of the shapeIt points at the color that emitted lightA special classification methodA standard of the color reproductionIt reflects it from an object