フォトスタジオ スティルライフ : 考察編 ・・・光沢

フォトスタジオワークフローに於ける表現領域に敢えて難易度を設けるなら、この光沢表現が最も高いランクに属するものと言える。撮影対象物の組織を大別すると形状、素材に分れ、素材を更に分類するると、規則性、粒子組織に於ける密度があり、この密度に対して、如何なる反射反応を求めるかが「 密度多角反射組織( Luster Expression ) 」を考える重要な考察対象であると考えられる。従って、光沢反応は対象となるオブジェクトに依存するゾーンが重要であり、それを統一的に把握する能力が求められると言える。フォトスタジオワークは基本的にこの類の能力がコアとなって組織づけられた物であり、それは勘コツを伴う物でもある。これによって、フォトグラフは曖昧と柔軟の中で拡散された表現物と認識されがちであるが、実は工学界に於ける特殊なエクスプレッション(Expression)と解するのが厳密な意味での把握概念と言えるではないか。以上、光沢に関するフォトグラファーとしての認識を簡潔に述べたが、技術上での再現は上述した概念上に成立し、発展する物である。

フォトスタジオ ビットのトップページへ   スティルライフ インデックスページへ

An enlarged image is considered to click a lower photograph.
In photography for clothesQuality of the expression is decidedRepeat adjustment of the irradiationThink about how to handle piece of clothDrape-related expressionIt is found to a medium in the fashion business