カラーマネージメントの概念・・・フォトスタジオを含むメディア・コラボレーションの中での意思疎通が生んだ自然産物

撮影→画像処理→印刷と言う工程の中で、最終の商品とするための「刷り」という段階でのトラブルは、日常頻繁に起こる現象として今だコラボレーションを困惑させている。そもそも色と言う存在は、日常の生活の中で当然のように現れ、なんら労することもなく識別のであるから、自己認識となった色が、必ず印刷の段階で再現できるという思い込みが生まれても、有る意味においては、当然かもしれない。しかし、この思い込みが印刷の段階で校正上のトラブルとなって支障をきたすのである。
昨今のデジタル化されたフォトスタジオでは、コンピュータを使って自在に色の変更がなされているが、刷りの工程をも前提としたパーフェクトな状態で機能している訳ではない。コンピュータで作られた情報はモニター上で表示されるのだが、この表示はなんら意味のない曖昧な基準を前提としているものであり、メディア流通に必要なルールは度外視した状態であることが多い。しかし、それを知らないフォトスタジオのスタッフは何の抵抗もなく、順調な作業と解し、それがカラー・マネージメントへの妄想と発展し、色印刷の領域までも制覇したかのような錯覚を起こす。そしてこの錯覚が印刷工程で意図する色の再現が出来ない最大の原因となって、ビジュアル・コラボレーションの流通を阻害する。

印刷再現の世界では、通常CMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)による四色インクの掛け合わせで色を表現しているが、フォトスタジオではモニターを使って光の情報をもとにCMYKよりも再現領域の広いRGB(赤、緑、青の光)で色やその他の視覚要素の全てを管理し表現している。そして、この両者の違いが色再現上の問題となり、広告コラボにおける遂行を妨げるのである。つまりモニターで見えていた色が印刷となった状態ではくいちがった色となって現れ、それがフォトスタジオやレタッチャー側から見れば、「印刷技術上のスキルの低さではないか?」と取り違え、指摘の対象となる。

しかし、それはフォトスタジオ等の画像を取り扱う側の知識の不足が作った産物あり、スペックの悪さはむしろ画像制作側のスキルに準じた物なのである。従って、この問題の解決に向けては、画像制作側ののスタンスとして、印刷会社の環境を深く知り、RGBとCMYKの違いを概念的に深く認識するによって、両者間の意志疎通を図ることが重要である。このフォトスタジオ、ビジュアル・アレンジャーと印刷会社との最低限度の意思疎通がうまくクリアできれば、画像制作というコラボの中で、色管理に必要な情報は自然と収集できる。そしてこれらの知識を纏め、一括統合することが出来れば、ソリューションの為に作成した矯正プログラムが自然に生まれる。このプログラムを総称したものがプロファイルであり、カラー・マネージメントはそれらを有効に活用する概念である。


質疑応答インデックスページへ戻る





 

INDEX : カラーマネージメント  スティルライフ