フォトスタジオ・カラーマネージメント|アウトライン

RGB フロー

フォトスタジオの責任負担が多いワークフローのタイプである。印刷工程以外の全ての作業をRGB(CYMKデータに変換しない)で行うため、スピーディーではあるが最終となる印刷結果(アミ点のCYMK情報)のシュミレーションが作業工程で出来ないというデメリットがある。また、制作過程の初期の段階できちんとした製版のプロフェッショナルを介在させないため、もとの画像データに問題がある場合、その問題を抱えたまま、作業が遂行されるという高いリスクをはんでいる。従って、フォトスタジオのスキルが非常に問われるフローとなるため、ホワイトバランスや露出にはなどには充分に気を配りながら、撮影に使ったカラー・スペースを把握し、正しいプロファイルを埋め込んで後の工程にまわす慎重な姿勢が必要だ。RGBフローはフォトスタジオが画像に関する印刷までの流れのほとんどをプロディースする立場をとる事となる責任重大なポジションとなる。



スティルライフ・インデックス・ページ