フォトスタジオ・カラーマネージメント|アウトライン

フォトスタジオの心得

RGBやCMYKフローのいずれであってもイメージどうりの印刷結果を得る努力をすることは同じである。フォトスタジオは後工程での補正がなるべく必要のないように撮影時に気を配る。特にホワイトバランスと露出は重要。更に、カラープロファイルへの充分な知識を持ち、正しい判断のもとに画像への埋め込みを行い後工程への納品を行う。CMYK変換を含めた製版処理はその道の専門家に委ね、ノウハウのないポジションが不用意に画像に手を加えさせない状況を作ることは重要である。製版担当者はデジタルカメラとカラーマネージメントの仕組みを熟知し、適切な処理を行うこと。プロファイルが埋め込まれていないファイルへの対応の仕方、RGBモードでのレタッチ、印刷を見据えたCMYK変換などが重要。また、色調についての論議は相互が所有する機器が同一でない以上、キャリブレーションをとることは絶対的な必要事項である。また、コラボレーション内での出来うる限りの統一性を考えて、アプリケーションや環境光への配慮も非常に重要である。





スティルライフ・インデックス・ページ