ディフューズ素材

この素材の選び方やそれらを使ったセッティングノウハウは、そのスタジオのグレードを決定するほどの重要な必須項目であると言えます。さらに、これを使って機能性を持たせたツールをディフューザーと呼んでいるのですが、フォトスタジオに於いて撮影する際に、被写体に向けられた光を拡散し、コントラストを弱めて撮影するための物を言います。使用する素材として、トレペ、樹脂性フィルム、半透過白色アクリル、耐熱性のあるカーボン繊維や、木綿などがあり、これらは写真要品店でも販売されていますが、画材店や衣料用生地屋さんでも販売されており、工夫次第でコストを抑えることも可能です。また、これらをを使うことによって、光をコントロールするポイントは「光源とディフューザーとの距離」と「ディフューザーと被写体との距離」の二つにあると言えます。前者に於いては、光源の配光に関する特性との関係が重要で、後者に於いては、そのライトの役割との関係が重要です。このようにディフューズ素材の使い方は、撮影に於けるライティグコントロールに大きく影響しするため、フォトスタジオ内でのワークフローノウハウの中でも重要なファクターとして取り上げられています。

 

HOME   用語解説インデックスページへ