フレーミング

撮影には様々な種類があり、その中でも広告写真での画像の取り込み範囲は、印刷デザイン等の絡みから、被写体を広範囲に取り込み、半完成品となった画像を納めた後、広告デザイナーにその切り取り範囲の決定を任せると言ったケースが一般的ですが、映像作成上の技術的な事情から、その作業をカメラ側で行うことがあり、それをフレーミングといいます。カメラには、被写体を覗くファインダーと言う覗き窓があるのですが、これは四角で枠組みされており、被写体となる物のどの範囲を画像として取り込むかを決定する事が出来、この作業をフレーミングと言います。撮影と言うものは、様々な技術的な調整が必要となるのですが、これもその一つと言えます。しかし、実際の調整に関しては、別段特別な概念を元に作業を遂行するものではなく、撮る側の「絵作り」に関する姿勢が重要で、その姿勢が確かなものであれば、意識しなくても自然と上達するものと言えるのではないでしょうか。写真は本来、撮影者が被写体を見て感じたことを冷静に分析し、その再現を考えて表現するものですが、カメラと言う機械を操作する以上、技術的なしがらみから表現領域の制限は必ず加わります。しかし、フレーミングに関してはその制限は非常に少なく、自由度の高い機能として、楽しく使いこなすことの出来るものと言えるでしょう。

 

HOME   用語解説インデックスページへ