面光源

スティルライフ撮影をするに当たっての光源は、「面光源」と「点光源」に大別することが出来ます。面光源とは、被写体に対して照射される光の面積に於ける光量の分布が均一であれば、それを以って完全面光源とすることが出来るのです。つまり発光源の大きさや形状よって光の性質が生まれ、その後の処理で灯具としての性格が決定されます。光の照射光量は、必ずしも均一ではなく、中央部と周辺部分では通常明るさが異なります。中央部が極端に明るいもの、周辺でもあまり光量が落ちないもの、中心から周辺にかけてなだらかなカーブになるものなど様々なのですが、フォトスタジオに於いては、これらの特性に合わせて、反射や吸収に関する設計を施した装置を使うことによって面光源が生まれます。これに対して点光源と言うものがあり、光量分布の均一面積が限りなく狭いものを言います。

 

HOME   用語解説インデックスページへ