自動評価露出

カメラを使った経験を持った方なら、誰しもが使ったことのある方式として、この自動評価露出があります。カメラを使うにあたって、必要となるテクニックにはいろいろなものがあり、その中でも常に議論の対象となる項目として、露出設定に要する方式の選び方が挙げられます。これは、本機に搭載されているシャッタースピードとレンズの絞りの調整によって行われるのですが、この設定をカメラに任せる機能として、対象となる被写体の明るさを自動的に認識する機能というものが近年では殆どの機種に付います。しかし、この方式を使うと期待したほどの結果は得られず、むしろ撮る側が最も好むスリリングなライトシチュエーションほど、この自動機能の成功率はいちじるしく低くなります。これはいろいろな色相や明度を持ったあかるさ情報が混在し、ひかりが交錯しているのですから、このランダムな情報に対して、カメラが適正に判断できるはずはないと言えるからです。各製造メーカーサイドで自動露出機能については、研究を重ね成績を高めてはいるのですが、パーフェクトなものとはほど遠いのが現状です。撮影時に光の情報が、カメラの想定した状況に合えば、結果は成功するのですが、実際の被写体は、カメラにとって都合のいい状態とは限らず、都合の悪いときは必ず失敗するといえます。各メーカーで出版されているカタログは、自動機能の優秀さをアピールするだけで、失敗に関する例は記載されていないことが殆どで、消費者は裏切られたような気持ちで、我慢しながらこのモードを使っているのが、自動機能の現状ではないでしょうか。ちなみに、フォトスタジオとして業務を展開するにあたって、ロケーション業務の依頼などでは、使い方次第では重宝する場合もありますが、当社に於いては、最高の出来栄えとなった経験は現在のところではありません。ある種のユーザーにとっては使い方のやっかいな「うるさい」しくみといえるかも知れません。

 

HOME   用語解説インデックスページへ