レフボード

プロユースの機材には独自のライティングを展開するためのツールとて、「ストロボ」「タングステンランプ」「蛍光灯」「HMI」等といった基本的な灯具の他、それらの光を拡散、集光させるための道具が用意されており、これらからの発光を受けて反射光として機能し、補助光として活用させるためのツールをレフボードと言います。これは、もう一つの灯具と考えても良いほど必須のものと言え、ワークフローの現場では必要に応じた反射光を得るために、適切な素材を選んだ後、白、銀、黒、グレー、時ゴールドや多彩色といったものを使って反射面に微調整を加え、さらには形状に変化を持たせることによって、意図するフォトイメージに即したものを作っています。フォトスタジオの要品として各メーカーからも販売されていますが、これらは、ワークフローの操作性に於いては、大変優れたものが多いのですが、その内容によって、その都度作らなければならないような微調整を要するレフボードは、カメラマンやアシスタントなどの手によって製造されています。

 

HOME   用語解説インデックスページへ