絞り

プロユースカメラに限らず、一般に普及されているコンシューマーの機器に於いても、レンズには絞りと言う機能が装備されており、これは光を採り入れる入口の面積を広くしたり狭くしたりして、その量をコントロールする機能です。これを働かす為の値として、Fで表す単位があり、この数値が小さくなれば光の入り口は広くなり、通過する量は増し、逆に大きくなるほど通過する量は少なくなります。但し、入射光の時間を調整するカメラ側の機構であるシャッターの開閉時間が同一の場合を前提とします。この絞りの入射面積の広さは、撮影する上での表現に対して非常に大きく影響し、例えば入射面積が広ければ被写界深度(下記※参照)は浅くなり、ピントの合う範囲は狭くなります。逆に狭ければピントの合う範囲は広くなります。さらにこの設定はシャッター開閉時間(シャッタースピード)との係わり合いによって、画像の明度を決定する重要なポイントで、このシャッタースピードと絞りの関係は、撮影に於けるカメラ操作の最も基本的な知識と言え、フォトスタジオでのワークフローに於いてまず最初にマスターしなければいけない項目と言えるでしょう。

※被写界深度

カメラに装着するレンズは、ピントを合わせた一点を中心にして、その前後のある範囲にも実用上鮮明な像を結ぶのですが、これを許容ボケまたは、許容錯乱円と言います。そして、この範囲を被写界深度と言うのですが、これは被写体までの距離やレンズの焦点距離、絞り値によって決定されます。この被写界深度は、撮影する際の表現ファクターとして応用でき、背景や前景をぼかす等の表現によって距離感を持たせたり、被写体に存在感を持たせる等の映像表現に於ける重要な技法に利用出来るものとして存在します。

 

HOME   用語解説インデックスページへ