タングステンランプ

一般的なフォトスタジオには必ず有ると言ってもいい程、大変普及率の高い照明電球であり、一般の家庭用電球と撮影業務を前提として設計された物に分かれます。前者は後者に比べると、やや色が赤みを帯び指向性が弱いため、写真用のランプとして各メーカーから光色や指向性が撮影に適切な物が販売されており、これを使うことが多いようです。特徴として挙げられるのは、オレンジ色を帯びたカラーが暖かい雰囲気を演出するのに適している点や、ストロボのように数万分の一秒から数十分の一秒という、短い閃光を発することを前提に設計されたものではなく、連続照射が前提なので、目の前にライトアップされたものがそのまま画像となって反映し、リアルタイムでライティングに関する調整が出来るという事です。そして、更にこのランプの発光源(フィラメントと呼ばれる発光体)の体積が小さい為、集光や配光のコントロールがしやすく、精度の高いコントロールが出来、フォトスタジオワークにおける重要な演出要素である照明に関するディティール表現が期待出来ます。また、これらは別名アイランプとも呼ばれ、様々な商品名で発売されており、その中にブルーランプと呼ばれる物があります。これは太陽光色に似せた電球で、フィルムで撮影する場合は便利な時もあるのですが、デジタルカメラを使うケースでは、価格面から考えても、これを購入する理由は別段無いと言ってもよいでしょう。これから自分の部屋の一角に、ミニフォトスタジオを作ろうと考えているような方等は、とりあえず100円ショップ等で販売されている普通の100wの電球で十分だと思います。このように、初心者にも気軽に入手出来るのもこの照明を使う大きなメリットと言えるでしょう。しかし、長所ばかりではありません。欠点として挙げられるのは、ポートレート撮影には、一瞬の動きを止めるスペックが求められますが、光量がストロボ等に比べると非常に少ないため、そういったケースには不向で、更に電球そのものが火のように熱くなるため、火傷や火災などの事故にもつながりかねません。取り扱いには十分な注意が必要です。また、まぶしく目が疲れるといったことや、消費電力料金の高さもばかにはなりません。しかし、総合的に見て、初心者の方を対象とする場合や、精密なライティングを要するスティルライフ撮影におけるワークフロー等には、大変優れた照明機材と言えるでしょう。


HOME   用語解説インデックスページへ